rank1:ユーチューバー登録者数ランキング

人気
スポンサーリンク

今や、見ない人はいない、テレビよりも見るという方も多いのではないでしょうか?YouTube。見るだけではなく、YouTuberになりたい、やっているという方も意外と多いのがこの業界。

そんなYouTuber界の登録者数ランキング、神セブンをご紹介します。

第7位フィッシャーズ(登録者721万人)

Fischer’s-フィッシャーズ

知らない人はいないでしょう!

中学校卒業時に結成。メンバーは全員、同じ中学校の同級生であり、卒業記念に「楽しい」を動画にすることから始まり、その保存先としてYouTubeを選んだところ反響があった。メンバーが川遊びを好きでよく川遊びの動画を撮影していたところから、「フィッシャーズ」というグループ名をつけた。代表作の「アスレチック動画」をはじめ、「コメディ」「チャレンジ」「ドッキリ」「心霊」などテーマに沿って、メンバー同士が掛け合いをしながらアドリブ進行するのが作品の特徴です。

元々は8人組でしたが、2015年10月にダイブーが脱退して、7人体制になります。その後は、また、2020年10月にメンバーのぺけたんが活動休止、その後編集などの裏方になったため、グループには在籍しつつも現在は実質6人体制で、チャンネルの説明欄などには「6人組」と記載されています。

第6位Travel Thirsty(登録者736万人)

Travel Thirsty

トラベルサースティーと呼びます。

Travel=旅行 Thirsty=喉が渇いた

結論:旅行にすっごく行きたい人のようです。

Travel Thirstyは一体誰なのか気になる人も多いようです。

何者?

チャンネルでは、日本だけで無くアジアを中心とした屋台料理を紹介しています。

色んな動画で手が写っています。

また、受け取る時は流暢な英語で「Thank you」とお礼を言っており日本人の店員さんも英語で話しています。

また、最近の動画は日本食を中心に紹介されています。

ファンの間では、海外在住の日本人とのことですが、まだまだ謎多き有名ユーチューバーですね。

第5位タキロンTakilong Kids’ Toysー(登録者740万人)

タキロン Takilong Kids’ Toys

いや、誰やねん。と言ってしまいたいほどに、知らない人は全く知らないYouTuberです。

それもそのはず、子ども向けの動画をアップしているyoutuberなんです。大人には縁遠い。とりあえず、スパイダーマンが大量に出てきます。

第4位はじめしゃちょー(登録者1,010万人)

はじめしゃちょー(hajime)
はじめしゃちょー

意外や意外。ここで早くも元祖系、古株YouTuberはじめしゃちょーがランクイン。

ただし、1,0000万人という大台超えはさすが。

前述のフィッシャーズやtravet thirstyは見たことがなくても、はじめしゃちょーを見たことがない方はいないのではないでしょうか。

まさかいないかとは思いますが、まだ見たことがないという方は、

下の2つの動画を参考に、ぜひ見てみてはいかがでしょうか?

第3位HikakinTV(登録者1,050万人)

ついに?きました。好感度爆上がり男。絶対にやらかさない男ヒカキン!

元祖最強のYouTuberです。ブンブンハローYouTube男。

好きな人も嫌いな人も、ヒカキンを通らずにYouTubeは視聴できない。

どれだけ他ジャンルの動画を見ていても、いつかは必ずあなたの目の前に、あなたのおすすめに。必ず現れる男ヒカキンです。

不祥事のない絶対にやらかさない男ですが、たまにしょーもないことで炎上しています。

第2位せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii(登録者1,080万人)

せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii
せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii

第2位は、5位続いてのキッズ系チャンネル。こちらはタキロンと違って、おもちゃ紹介のような子ども向けの動画ではなく、子どもが出ているチャンネルですね。

一見何の変哲もない動画のような気がしますが、ヒカキンに30万も差をつける、ビックリビッグYouTuberです。

子どもたちがとにかく楽しそうで癒されますね。将来この子たちはYouTuberになるのかな。

次は、とうとう第1位!まさかのあの人か?ヒカキンの兄セイキン?それともデカキン??

第1位Junya.じゅんや (登録者1,370万人)

Junya.じゅんや

栄えある第1位は!デカキン!ではなく、じゅんやです。

サムネイルからあふれつ底辺YouTuber風な雰囲気から想像もできない、

圧巻の登録者数1,370万人という、一大帝国を築き上げている。

概要欄に書いてある、ジャスティンビーバーを超える男の文言は伊達じゃない。

ついつい見てしまう動画の数々ですが、圧倒的に教育にはよくないででしょう。でも面白い。

でも、ヒカキン見たほうが健康にはよろしかと。。

まとめ

そんなこんなで、「YouTuber登録者数ランキング」いかがだったでしょうか。

今や、子どもたちも将来の夢はYouTuberと憧れるほどの人気の職業でもあります。

実際にYouTubeをやったことがある方は共感いただけるかとは思いますが、1本の動画を制作するのにどれだけの努力が詰まっているか、何年もYouTuberをやられている方には、本当に頭が下がります。

ジャンルも本当に様々で、自分の趣味とリンクしたYouTuberや、まだ知られていないマイナーYouTuberを発掘するのもすごく楽しいですよね。

これからもまだまだ目を離せない、YouTube。

おすすめのYouTuberやこんなランキングが知りたいなどありましたら、ぜひコメントいただけると幸いです。

最後に、個人的におすすめのYouTuber貼っておきます。最近登録者数が激増して、嬉しいような寂しいような。

コスメティック田中 (コスメも関係ないし、田中も本名ではないようです。)

  
制作・著作
━━━━━
  ⓃⒽⓀ

コメント

タイトルとURLをコピーしました